川崎中央クリニック院長 南部 先生 インタビュー 1

“なれない、できない”を決めつけない。

nambu_1

どうして形成外科医を志したのか?その質問を投げかけて真っ先に返ってきた言葉が「データを見るより手術がしたい」だから外科という分野を志したという南部院長。もともと手先が器用で、興味があることに対してはとことん追求する。自分のアイディアで何かを作る、自分で“やり方”を考えて何かに取り組む。そんな幼少期を送っていたそうだ。形成外科医になりたいと思ってからは毎日が勉強、研究の日々。それでも自分が描いた夢を叶える努力に費やした時間を楽しんだという。

「なりたい、、、だったら努力する。なれない、、、なんて誰も決められない。なれるもなれないも、自分で決めるのです。」医者という職業を志した原点はそんな強い信念ではないか。

“医療制度に縛られない患者本位の治療”

nambu_2

形成外科医になってみて、思ったことは、、、患者様の希望に沿った縛られない治療ができること。そこが南部院長が形成外科医を志した頃とずれていなかったようだ。形成外科医としての基礎があってからこそできる患者ひとりひとりに応じた治療。この治療にはこの術式といった概念ではなく患者が求める形に寄り添う形で治療を行っていける唯一の分野が美容医療ではないか。

“日本形成外科医専門医とは”

南部院長はクリニックでの診察、治療、手術、アフターケアまですべてを担当している。そんな中でもクリニックの休日を使い、セミナーや講義も行っている勉強家である。

成外科医は、身体の表面を中心に、至る所の病気やけがを治療する。傷や変形を治すことが目的であり、顔や手足など身体表面の、ケガや顔面骨折、やけど、あざ、腫瘍、先天異常、皮膚潰瘍、がんの切除・再建、乳房再建および美容医療などについて専門的な知識と診療技術を持ち、これらの領域に関して適切に対応する診療を行う医師である。治療する患者の年齢も様々だ。形成外科医としての実績を重ね、一定の手術をこなし専門医の試験を受け受かった者だけが専門医として認定される。その後も更新していかないと専門医は維持できない。

PROFILE

img_doctor
美容外科形成外科 川崎中央クリニック 南部 正樹 医学博士

経歴
平成10年 防衛医科大学校卒業
平成10年 防衛医科大学病院 形成外科入局
平成22年 中央クリニック 院長就任 <現在> 平成24年7月
美容外科形成外科川崎中央クリニック院長就任
防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医
中央クリニック 技術指導医
日本抗加齢医学会専門医
所属・資格
医学博士
日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医
日本形成外科学会 正会員
日本美容外科学会 正会員
日本抗加齢医学会 正会員
日本再生医療学会 会員
日本創傷治癒学会 会員
サーマクール認定医
日本医学脱毛学会 会員
日本臨床毛髪学会 会員


インタビューその2を読む > NEXT PAGE


  • このエントリーをはてなブックマークに追加