atamatatto

頭に傷痕のタトゥーを入れた男性には特別な理由があった。

タトゥーはレーザーで除去できるといっても、完全に元の肌に戻すことはできないのです。
インクを肌に刻む時はかなりの覚悟が必要です。
それに、一生後悔しないようなデザインを選ぶのは簡単ではないと思うが、海外のある男性は頭に傷痕のタトゥーを入れたといいます。

タトゥーを入れた理由には深い意味があるのです。
米カンザス州に住むジョシュ・マーシャルさんは、剃り上げた頭の右側に、大きな ‟C” 字型の傷痕のタトゥーを入れています。
一見しただけでは、本当に頭を怪我して手術したようにも見えます。

なぜ彼は、こんな痛々しく見える傷痕のデザインを肌に刻んだのだろう?
その理由は、ジョシュさんの8歳の息子ガブリエル君が、頭に同じ傷痕を持っているからなのです。

脳腫瘍の手術を受けた息子の為
2015年3月にガブリエル君は、頭に出来た腫瘍を取り除くため手術を受け、頭部右側にC字型の大きな縫合痕が残ってしまったのです。

ガブリエル君は、まるで自分が、フランケンシュタインか何かになったかのように感じて、手術痕を気にしていたのだといいます。
そこで、愛する息子を精神的に支える為に、ジョシュさんは、同じ手術痕のタトゥーを頭の同じ位置に彫ることに決心したのです。

「パパも、同じ傷痕のタトゥーを頭に彫るよ。そうすれば、誰かにジっと傷痕を見られても、お前一人じゃなくてパパも一緒だからね」

と伝えたのです。

すっかりガブリエル君は自信を取り戻し、周りの人に、自分と父親は双子みたいだと話すようになったのです。

また、ジョシュさんは、癌と闘う子共達を支えるチャリティ団体「セントパトリック・ファンデーション」が行うコンテストに参加しています。
癌の子供を持つ父親が頭を剃り、子供達をサポートするコンテストで、見事に優勝を果たしたそうです。

ガブリエル君の手術痕は一生消えないかもしれないですが、傷痕を見る度に父親の愛とサポートを感じ、温かい気持ちになれる日が来るのでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


タトゥー除去 刺青除去 おすすめクリニック


おすすめ記事