atugiri

お笑い芸人の厚切りジェイソンがタトゥー入り外国人の公共温泉入浴に言及

10日放送の「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系)で、アメリカ・ミシガン州出身のお笑いタレント・厚切りジェイソンが、タトゥーを入れた外国人の公共温泉への入浴について、持論を述べる場面がありました。

番組では、公共入浴施設で生じている外国人タトゥー問題を取り上げられました。
近年は日本を訪れる外国人が増加し、年間2000万人を超えようとしており、温泉等でのトラブルもあるといいます。

観光庁調べによると、実に56%の入浴施設において、タトゥーがある人の入浴を断っているというデータがあります。
その一方で、外国人にとってのタトゥーは宗教上の理由など様々な意味を持つのも事実です。
2013年9月には、ニュージーランドの先住民族・マオリ族の女性が、顔に入ったタトゥーを理由に北海道の温泉で入浴を拒否されて抗議し、国内外で論議を巻き起こしました。

紹介VTR後のスタジオでは、タトゥーが入った外国人観光客の温泉利用の可否を出演者に聞くという場面がありました。
すると、多くの出演者が反対に回る中、厚切りジェイソンただひとりが「いいでしょう」と賛成の立場に立ったのです。

厚切りジェイソンは「(日本と海外では)文化が全然違いますからね。たぶん日本がタトゥーをダメという理由は犯罪とかそういうつながりが昔あったから。でもアメリカ、海外ではそういうのはないですからね」「犯罪とつながっているとは限らないですから」と賛成の理由を説明しました。

この見解を踏まえ、司会を務めるくりぃむしちゅーの有田哲平は「日本人のかたが刺青というのではなく、最近の若者がタトゥーを入れるのは認めていいんですか?」と厚切りジェイソンに素朴な疑問をぶつけました。

すると、厚切りジェイソンは「別にいいんじゃないですか。最近のファッションですしね」と答え、犯罪との関連性を感じさせる刺青と、タトゥーは明らかに異なるとする自らの立場を主張したのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


タトゥー除去 刺青除去 おすすめクリニック


おすすめ記事