tatto

シティ移籍のG・ジェズス、ネイマールとおそろいのタトゥー入れる

地元開催のリオ五輪で、悲願の初優勝を目指すブラジル代表。

オーバーエイジで出場するネイマールにとって、五輪への出場は2012年大会に続き2回目です。

前回大会は決勝戦でメキシコに敗れており、今回はその雪辱を果たすべく直前に行われたコパ・アメリカ・センテナリオを欠場してまでもリオ五輪への出場を決めました。

そんなネイマールに憧れたのか、五輪開幕を直前に控えチームメイトがこんなタトゥーを入れたようです。

左のタトゥーはネイマールが左足に彫ったタトゥーなのだが、右に写っているのはチームメイトであるガブリエウ・ジェズスが右手に彫ったものらしい。

ガブリエウ・ジェズスは19歳のヤングスターです。

所属するパウメイラスでは今季14試合に出場し11得点をあげており、このほどマンチェスター・シティへの移籍が決定しました。

ネイマールが左足にこのタトゥーを入れたのは昨年末のことです。

小さな少年がサッカー選手として活躍し、家を買い、チャンピオンズリーグ優勝を夢見るというデザインだが、「夢は現実のものになる」という意味合いがあるそうです。

これに同調したのか、ガブリエウ・ジェズスは右手にほとんど同じデザインのタトゥーを入れたとこと。
夢見るのはもちろんリオ五輪での金メダルだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


タトゥー除去 刺青除去 おすすめクリニック


おすすめ記事