ria

リア・ミシェルが元恋人コーリー・モンテースにちなんだタトゥーを入れる

女優のリア・ミシェルが元恋人の故コーリー・モンテースにちなんだタトゥーを入れました。

リアは、『glee/グリー』の共演がきっかけでコーリーと約2年間交際しました。
2013年に薬物過剰摂取により死を迎えるまで、コーリーが2009年から『glee/グリー』の中で演じていたアメリカンフットボール部クォーターバックであるフィン・ハドソンの背番号にちなんで、リアは数字の5を新たに自身の体に刻んだようです。

先日には他界した祖母への追悼の意を込めて指にコーヒーカップのタトゥーを入れたことも発表していたリアは、ニューヨークにあるプロスペクト・タトゥーがデザインしたそのタトゥーをインスタグラムで公開しました。
「そして、もう一つ…私のクォーターバックのために…ナンバー5」とコメントを添えています。

リアは祖母にちなんだタトゥーの写真を公開した際に「今週、私の美しいおばあちゃんが亡くなったの…彼女は普通のグランマじゃなかったわ。
8歳の時に私にとって初のコーヒーを出してくれたの。
私の歴代の彼氏達みんなに対して適切でない発言をしたわ。
彼女は私にパイとかセーターを作ってくれたことなんて一度もなかった。
大好きだった…何よりも…大好きよ、おばあちゃん」と祖母との思い出とともに、その死を悼んでいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


タトゥー除去 刺青除去 おすすめクリニック


おすすめ記事