gaga

レディー・ガガ、新しいタトゥーの意味が明らかに

2月28日に行われた、第88回アカデミー賞授賞式で、パフォーマンスを披露したレディー・ガガ(29歳)
彼女が新しいタトゥーに込めた意味が明かされました。

ガガがオスカーの舞台で披露した「ティル・イット・ハプンズ・トゥ・ユー」は、キャンパス内でのレイプ事件を題材にしたドキュメンタリー映画「ザ・ハンティング・グラウンド」用に作られたものです。

自分自身もレイプ被害者である事を明らかにしているガガは、同じ被害に遭った50名の「サバイバーズ(Survivors:生き残った者といった意味)」と一緒にステージへ立ち、胸に訴える歌声を聞かせてくれました。

式後には、「みんなの存在なしでは、私が自分の強さを感じられることは絶対になかった」と、サバイバーズへの感謝を明らかにしていたガガ。

彼女達の間には、強い絆が生まれたようで、ガガとサバイバーズが、おそろいのタトゥーを入れたことを、米TMZが伝えています。

ガガのタトゥーを担当したデヴィッド・アレンさんは、「絆のシンボルをガガに刻めて、とても光栄」と、ガガとの2ショットを投稿しました。

「この図案は、レイプ被害のサバイバーたちの団結を意味している」とつづっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


タトゥー除去 刺青除去 おすすめクリニック


おすすめ記事