kankoukyaku

「タトゥーお断り」の温泉。日本に来る外国人が増加すると?【前編】

日本に来る外国人は年々増加し続けています。
「爆買い」という言葉も記憶に新しいですね。
「爆買い」は主に来日した中国人観光客が大量に商品を購買する事に用いられますが。
話は戻って、特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源となっています。
誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える中で、文化的な価値観の違いによって摩擦が起きるケースも多々あるといわれています。
その原因のひとつが、温泉や銭湯でのタトゥー(刺青)禁止問題です。
この事が外国人観光客に与える影響と、具体的な事例を紹介していきます。
その前に2016年1月に日本政府観光局が発表したプレスリリースによると訪日外国人数のデータがあります。

■2015年
約1,973万7千人

■2014年
約1,341万4千人

■まとめ
1年間で600万人以上の増加をしました。

■補足
45年ぶりに訪日外国人数と出国日本人数が逆転したそうです。

2015年は国内で大きな官製イベントがなかったものの、日常をベースにすると日本に来る外国人数が右肩上がりに増加していると考えて間違いなさそうですね。

後編に続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


タトゥー除去 刺青除去 おすすめクリニック


おすすめ記事