温泉施設

入れ墨(タトゥー)客の温泉入浴はお断りが過半数、問題発生は約20%

温泉施設

観光庁は国内の温泉施設を対象に入れ墨(タトゥー)のある利用客への対応に関する実態調査の結果を発表しました。

調査の結果、入れ墨のある利用者に対して過半数の施設が入浴を断り、約20%が「トラブルが発生した事がある」と回答していた事がわかりました。

この調査は、2013年に北海道の温泉施設が、顔にマオリの伝統的な入れ墨を施したニュージーランド人女性の入浴を断り、問題になった事などを受けて実施したものです。

観光庁では訪日外国人旅行者が急増する中、状況を正確に把握する事で同様の事例の再発を未然に防ぎたいとしています。

調査は全国の3768軒のホテルおよび旅館に調査表を送付して実施しました。

有効回答を得られたのは、そのうち15.4%の581施設にとどまりました。
入れ墨がある利用者の入浴については下記の結果となりました。
「お断りしている施設」:55.9%
「お断りしていない」:30.6%、
「シールで隠すなどの条件付きで許可している」:12.9%

■入浴をお断りする際に
「風紀、衛生面により自主的に判断している」と回答した施設:58.6%
「業界、地元事業者での申し合わせ」で決定している施設:13.0%
「警察、自治体などの要請、指導」:9.3%

「お断り」の周知方法として最も多いのは「ポスターや看板などの設置」が70.2%でした。
「受付時に直接断る」は14.5%となりました。

入れ墨(タトゥー)をした利用者の入浴に関してトラブルが発生した事が「ある」と回答した施設は18.6%でした。
トラブルが発生した事が「ない」は78.3%でした。
入れ墨(タトゥー)をめぐる苦情については「ある」が47.2%、「ない」が51.8%だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


タトゥー除去 刺青除去 おすすめクリニック


おすすめ記事